カズタカ式英語勉強法

hon_datsu
 
僕はこれまで数多くの英語学習法を実践してきました。その中で特に効果が高く特徴的なものをお伝えしたいと思います。
 

1つ1つの音(発音)を覚える

英語学習の中で「発音」はとかくないがしろにされがちです。僕も学生時代、そして大人になって英語学習を始めた際も、発音は不要なものだと考えていました。
 
 
ですが、『医師が教える科学的英語勉強法講義』で発音の重要性と勉強法を学び、それを実践したところ、まずリスニングにおいて飛躍的な効果がありました。
 
 
音の細部への感度が高まり、英語特有の音の繋がりや消失に気が付くようになりました。もちろん発音を学ぶ以前に比べれば発音も上達したはず…です!
 
 
もしまだ腰を据えて1つ1つの音や発音記号を学んでいないのであれば、今実践している英語学習を一度ストップし、発音を学ぶことをおすすめします。
 
 
『医師が教える科学的英語勉強法講義』では、単語の意味を調べる際に英英辞典を使うことのメリットも学びました。単語の意味がシンプルな英語で説明されており、英語を英語で考える力や英語を英語として捉える力が育まれたと思います。
 

日本的事象で英語を学ぶ

日本的事象というのは、ここでは日本のニュース・歴史・文化・ドラマ・漫画などを指しています。
 
 
個人的には、特にスピーキングにおいて日本のドラマや漫画がおすすめです。日常英会話を習得したいと考えたとき、自分が普段話している日本語を片っ端から英語にできれば、日常英会話がかなり上達するのでは考えているのですが、それは実際には少し難しいです。
 
 
そこで日本のドラマや漫画の登場です。ドラマや漫画には、普段自分が使うであろう表現が多く出てきます。楽しみながらドラマを視聴することで、楽しみながら漫画を読むことで、自然と日常使用する表現が身に付いていきます。日本語が割とシンプルな英語に変換されているので、理解しやすく自分でも使いやすいです。
 
 
ama
 
 
160518
 
 
drama
 

>>日本ドラマ(英語字幕付き)を無料で視聴する方法

 
comic
 

>>日本漫画(英語版)を無料で読む方法

 
アメリカのドラマや漫画は、使用されている単語やフレーズが、僕らがこれまで習ってきた英語と質が違っているという意味で難しく、それを理解すること、それを使うということは非常にハードルが高いです。もちろん、リスニングや文化の理解という意味では有益ですが。
 
 
ただ、もしアメリカのドラマで英語を学びたい場合は『シリコンバレー』がおすすめです。アメリカのスタートアップの様子がコメディタッチで描かれており、気軽に楽しく視聴することができます。1話が30分と短いのもGOODです。
 
 
silicon
 
 
ドラマや漫画以外では、日本史もおすすめです。英語で読む日本史です。英語を学びつつ日本史の復習になり一石二鳥です。日本史に出てくる日本語表現は、例えば「狩猟や漁労」などのように小難しく堅苦しい日本語が使用されているため、場合によっては英語の方がリーディングしやすかったりすることもあります。ちなみに「狩猟や漁労」は”hunting and fishing”です。
 
 
英語で読む日本史に関しては『シンプルな英語で話す日本史』がおすすめです。日本史が簡潔にまとめられており、英語もシンプルで平易なものが使用されているため理解しやすいです。(音声CD付き)
 
 
160620
 
 
ビジネス英語を勉強される方は、日本の経済ニュースを素材に使っても良いでしょう。例えばアメリカのニュースサイトで英語を学ぶのも大いに勉強になりますが、そもそも英語以前にアメリカ社会への背景知識がないために、そのニュースを100%理解しきれないことがあります。
 
 
これが日本のニュースであれば、背景知識があるために英語の理解のみにフォーカスすることができ、多少知らない単語があっても意味を推測をしながらニュースを読み進めることができます。
 
 
よく「多読」が英語習得に効果的だと言われますが、歴史やニュースなど日本的事象のリーディングであれば、少ないストレスで多読の実践が可能となります。
 
 
日本的事象の英語ニュースに関しては、『The Japan Times』『Japan Today』『NHK WORLD』などを利用すると良いでしょう。

サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ