海外ドラマ『シリコンバレー』のあらすじと感想(※ネタバレあり)

silicon
 

あらすじ

シャイで内気なプログラマーのリチャードは、起業家のアーリックの元に暮らしながら音楽盗作監視アプリ「Pied Piper」を開発。アーリックからはこき下ろされるものの、世界的なIT企業Hooli社ギャビン・ベルソンとベンチャーキャピタリストのRaviga社ピーター・グレゴリーはPied Piper内で使用されているデータ圧縮技術を高く評価。ギャビンはその技術に1,000万ドルの買収を提案、ピーターは20万ドル+5%の所有権を提案する。技術を売って大金を得るか、データ圧縮技術を駆使して会社を大きく成長させるか散々悩んだリチャードは、ピーターのアシスタントであるモニカの助言もあり、ピーターと組むことを決意する。
 
 
自らPied Piper社を成長させることを選んだリチャードだったが、会社の経営のことは何一つ分からず、ピーターからの小切手を現金化することもままならない。加えて、親友のリストラや社名の買収など、幾多の試練がリチャードに立ちはだかる。一方、リチャードに提案を断られたHooli社のギャビンは、Pied Piperのデータ圧縮技術を合法的にコピーしようと「nucleus」プロジェクトを立ち上げる。
 

『シリコンバレー』を視聴するならhulu
hulu1
 
 
ある日リチャードは、Hooli社から移籍してきたジャレッドから、Pied PiperがTechCrunchにエントリーしていることを指摘される。これはリチャードがピーターから出資を受ける前に申し込みをしていたものですぐに辞退しようとするが、ギャビンがTechCrunchでnucleusを発表することが先に決まり引くに引けない状態となる。
 
 
TechCrunchの1日目。Hooli社のnucleusの発表を聞きPied Piperのメンバーは愕然とする。データ圧縮スコアがPied Piperと全く同じ「2.89」。Pied Piperのデータ圧縮技術は完璧にコピーされていたのだ。Hooli社はすでにインターネット関連のサービスを多数展開しており、それらとの相乗効果を考慮するとPied Piperの敗北は誰の目にも明らかだった。翌日に発表を控えるPied Piperのメンバーたちは、本番で一体何をプレゼンすれば良いのか分からず途方に暮れる。
 
 
そんな中、アーリックのとある発言により、メンバーの話題は翌日の発表とは全く関係のない方向に発展する。その一見バカげた会話を聞いていたリチャードは、ギルフォイルが会話の中で提案した発想をPied Piperのシステムに適用することを思い立ち、一心不乱にパソコンに向かうのであった。
 

キャスト(登場人物)

Richard/リチャード
(Thomas Middleditch)
 
Hooli社のプログラマーであったが、独自に開発した音楽盗作監視アプリ「Pied Piper」のデータ圧縮技術が評価され起業する。精神科医に掛かったり、子供に殴られて泣いてしまうなど性格は気弱だが、時と場合によって怒りを爆発させることがある。
 
Erlich/アーリック
(T.J. Miller)
 
かつてAviatoという会社を立ち上げ売却した経験を持つ企業家。リチャードらプログラマーを自宅に住まわせ、代わりに彼らが企業した際には会社の10%の権利を保有する。雄弁家でありリチャードの欠点を補っている。マリファナの常習犯。
 
Jared/ジャレッド
(Zach Woods)
 
Hooli社の幹部であったが、Pied Piperに将来性を見出し自ら移籍を志願する。経営面でリチャードをサポートするなどPied Piperには不可欠な存在だが、メンバーからは若干疎まれている。シーズン1の第6話では、自動運転の車で孤島に行ってしまう。
 
Dinesh/ディネシュ
(Kumail Nanjiani)
 
パキスタン人でJavaのスペシャリスト。しょっちゅうギルフォイルと言い争っている。ウィットに富んでおり辛辣な皮肉をメンバーに向けることもある。恋愛に奥手であり、TechCrunchの際も思わぬ形でギルフォイルに邪魔される。
 
Dinesh/ディネシュ
(Kumail Nanjiani)
 
情報セキュリティ管理を得意とするカナダ人のプログラマー。しょっちゅうディネシュをからかっている。アメリカに不法滞在をしていたが、あっさりビザ手続きが完了しディネシュの反感を買う。セクシーな彼女と共にサタニストである。
 
Big Head/ビッグヘッド
(Josh Brener)
 
リチャードの親友。当初はPied Piperのメンバーだったが、チームに不要な人間であると判断されPied Piperを去る。ギャビンがPied Piperの技術を盗むため高待遇で採用するが、あまりの実力の無さからnucleusプロジェクトから外される。
 
Peter Gregory/ピーター・グレゴリー
(Christopher Evan Welch)
 
Raviga社で代表を務める億万長者。頭はキレるがかなりの変人でリチャードを苦しめる。ギャビンとはかつて友人関係であった。ピーターを演じる俳優のWelch氏がシーズン1の第5話終了後に亡くなったため、シーズン2ではピーターも亡くなることとなる。
 
Monica/モニカ
(Amanda Crew)
 
ピーター・グレゴリーのアシスタント。ピーター死後はローリー・ブリームのアシスタント。Pied Piperのデータ圧縮技術をいち早く察知しピーターに出資を進言する。リチャードとはビジネスを超えた信頼関係を構築している。
 
Gavin Belson/ギャビン・ベルソン
(Matt Ross)
 
世界的なIT企業であるHooli社の創業者。ピーター・グレゴリーとはかつて友人であったが、いつしかビジネス上のライバル関係となってしまう。Pied Piperのデータ圧縮技術をコピーするためnucleusプロジェクトを立ち上げる。
 
 
『シリコンバレー』を視聴するならhulu
hulu1
 

感想

海外ドラマで英語学習をしたいと思いつつも、1時間はちょっと長すぎると思い二の足を踏んでいたのですが、シリコンバレーは1話が約30分と短いことを知り視聴を始めました。
 
 
感想は一言「面白い」です。コメディとあってアメリカ的ジョーク満載で、それもちろん面白いのですが、ストーリーも1話1話、そしてシーズンを通してしっかり作り込まれておりとても惹き込まれます。
 
 
リチャードが苦悩する様子や成功を遂げていく様子はなかなかリアルで、実際のシリコンバレーのスタートアップ企業の雰囲気を垣間見ることができました。
 
 
英語学習においては、日本では放送禁止になるような下ネタがフルラインナップで、個人的にあまりそういう単語や表現を知らなかったので勉強になりました。
 
 
どのキャラクターも個性的で魅力的ですが、個人的にはアーリックが好きです。リチャードがアーリックを取締役にしないと聞いた時は激怒しましたが、最終的にはリチャードを助けに行ったところに、アーリックの熱さと優しさを感じました。
 
 
出演者の中で紅一点のモニカは、個人的にとても好みのタイプです。あんな女性と臆せず話せるよう、引き続き英語学習を頑張りたいと思います!

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ