【スラムダンク】#4 ゴリラジジイ

160606
 

あらすじ

流川の一件で春子に嫌われた花道は無気力になる。そこにバスケ部が手を滑らせたバスケットボールが花道の顔面に直撃!花道はバスケ部員に襲い掛かり止めに入った花道軍団ものしてしまう。そこにバスケ部キャプテンの赤木が現れ片手で花道を投げ飛ばす。怒った花道はバスケットボールで赤木の顔を殴り、バスケを「玉入れ遊び」だと侮辱する。愛するバスケを侮辱された赤木は花道にバスケの勝負を持ちかける。多くの生徒が見つめる体育館でのバスケ対決。当然経験者である赤木に分があり、バスケ素人の花道は足でボールを奪いにいく始末。だが花道は諦めない。
 

花道に謝るには心の準備が必要とする春子のセリフ

 
I have to work up my courage!
 
 
「ダメよ~心の準備がいるのよ~~~」
 
 
work up = to make yourself feel interested, brave etc:
courage = the quality of being brave when you are in danger, in pain, in a difficult situation etc

※『Longman English Dictionary Online』より引用

花道と赤木のバスケ対決を聞き付けた生徒のセリフ

 
Someone said basketball is a crappy game and pissed off the captain!
 
 
「玉入れ遊びだと言われてバスケ部のキャプテンが怒った!!」
 
 
crappy = very bad:
pissed off = annoyed, disappointed, or unhappy:

※『Longman English Dictionary Online』より引用

花道が赤木からボールを奪う作戦を立てた際のセリフ

 
Move like a hawk swooping down its prey.
 
 
「獲物をしとめる鷹の動きだ!!」
 
 
swoop = if a bird or aircraft swoops, it moves suddenly down through the air, especially in order to attack something:
prey = an animal, bird etc that is hunted and eaten by another animal [= predator]:

※『Longman English Dictionary Online』より引用

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ