【シリコンバレー】(シーズン1)第5話:シグナル伝達リスク

silicon
 

あらすじ

ジャレッドは友人からの知らせによりパイドパイパーがTechCrunchでライブデモを行うことを知る。これはリチャードがベンチャーキャピタリストのグレゴリーから出資を受ける前に申し込んでいたものだった。
 
 
リチャードは参加を辞退しようとするが、それより前にHooli社のギャビン社長がTechCrunchで講演を行うこと、パイドパイパーの技術をコピーしたニュークリアスを披露することを決めており引くに引けない状況となる。
 
 
TechCrunchまで残りわずか2ヶ月。パイドパイパーのロゴも決まり、社内システムも機能し始め、チーム一体でTechCrunchの成功を目指す。
 
 
『シリコンバレー』を視聴するならhulu
hulu1
 

TechCrunchへの参加はマズイとリチャードに伝えるジャレッドのセリフ

 
We’re already seeded, Richard.
 
 
「出資は受けたのに(コンペなんて変だ)」
 
 
seed money = the money you have available to start a new business

※『Longman English Dictionary Online』より引用

モニカがリチャードに率直な意見を伝える際のセリフ

 
Look. I’m going to be straight with you.
 
 
「はっきり言うから聞いて」
 
 
straight = if you say or ask something straight, you say it in an honest, direct way, without trying to hide your meaning:

※『Longman English Dictionary Online』より引用

富豪の考えや感覚が理解できないリチャードのセリフ

 
Dose he just want to piss off Gavin Belson?
 
 
「ギャビンへの当てつけで(20万ドルも)?」
 
 
piss off = to annoy someone very much:

※『Longman English Dictionary Online』より引用

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ