【シリコンバレー】(シーズン1)第4話:信認義務

silicon
 

あらすじ

会社設立の準備を進める中、会社のビジョンが明確でないことに悩むリチャード。
 
 
そんな折、ベンチャーキャピタリストのグレゴリー主催のパーティーで酔っ払ったリチャードは、企業家のアーリックを役員に入れる約束をしてしまう。
 
 
翌日、リチャードがアーリックを役員にする話を撤回すると、アーリックは大激怒。リチャードに冷たい態度を取るようになる。
 
 
ジャレッドと共にグレゴリーとのミーティングの準備をするリチャードだが、自分なりの考えをまとめることができずに苦しむ。
 
 
ミーティング当日、緊張でパニックになるリチャードの元にアーリックが現れる。リチャードはミーティングでの発言を全てアーリックに任せ、アーリックは期待に応えグレゴリーを納得させる。
 
 
自分に足りない能力をアーリックに見出したリチャードは、アーリックを役員に入れることを決める。
 
 
『シリコンバレー』を視聴するならhulu
hulu1
 

二日酔いのリチャードに酒を持ってきたアーリックのセリフ

 
Little hair of the dog.
 
 
「迎え酒だ」
 
 
hair of the dog = alcohol that you drink to cure a headache caused by drinking too much alcohol the night before – used humorously

※『Longman English Dictionary Online』より引用

パーティーに誘われずいじけるジャレッドにリチャードが言ったセリフ

 
Uh, honestly, you’re better off.
 
 
「来なくて正解」
 
 
better off = happier, improved, more successful etc

※『Longman English Dictionary Online』より引用

グレゴリーのオフィスでミーティングを待つリチャードのセリフ

 
I think I got something stuck in my teeth.
 
 
「歯の間に何かが」
 
 
stuck = impossible or unable to move from a particular position:

※『Longman English Dictionary Online』より引用

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ