【スラムダンク】#2 流川楓だ

160530
 

あらすじ

春子の可愛さにますますのめり込んでいく花道だったが、水戸や仲間たちはあの可愛らしい春子に彼氏がいないはずがない、流川という男が彼氏なのではないかと花道をからかう。花道が思い切って流川が彼氏なのかと春子に尋ねると、春子は動揺しながら流川は自分の存在さえ知らないと答える。花道はその答えに安堵したが、春子にとって流川は憧れであり片想いの人物だと告げられひどく落ち込む。
 

流川の活躍ぶりを語ったあとの春子のセリフ

 
His wonderful pose that day is still deeply engraved in my heart…
 
 
「その日の流川君の姿 今も目に焼き付いている…」
 
 
be engraved in one’s heart = to be impossible to forget

※『Longman English Dictionary Online』より引用

流川への想いを花道に伝えた春子のセリフ

 
It’s a one-sided love…
 
 
「片想いなの…」
 

上級生に昼寝を邪魔された流川の名ゼリフ

 
I don’t forgive anyone who disturbs my nap, no matter who he is.
 
 
「何人たりともおれの眠りを妨げる奴は許さん」
 
 
forgive = to stop being angry with someone and stop blaming them, although they have done something wrong
disturb = to interrupt someone so that they cannot continue what they are doing:
nap = a short sleep, especially during the day

※『Longman English Dictionary Online』より引用

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ