【感想】DMM英会話のレッスン⑩

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「DMM英会話」のレッスン(第10回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
dmm
 
 
hikoukai
※レッスン動画公開OKのスクールはコチラ
 
 
講師はLayne先生(セルビア/男性)でした。見た目が好青年風だったのでLayne先生を選びました。レッスン教材は「瞬間英作文トレーニング」です。
 
 
160309a
 
 

レッスンの感想

 
Layne先生は写真通りの好青年でした。まだ大学生と若いですが、そんなことは全く気になりませんでした。
 
 
レッスンはまず簡単にお互いの自己紹介をした後、予約した「瞬間英作文トレーニング」に入っていきました。
 
 
ちなみに瞬間英作文は市販の教材のため、他のDMMオリジナル教材のようにいつでも閲覧できるわけではなく、瞬間英作文でレッスン予約後に、予約した単元だけ閲覧可となります。
 
 
DMMのホームページで予習なしを推奨していたので、予習をせずにレッスンに臨みました。
 
 
瞬間英作文の教材は2ページあり、1ページ目に日本語、2ページ目に英語で10個の短いセンテンスが記載されています。
 
 
ステップ1は、まず2ページ目の英語を音読します。ステップ2は、1ページ目の日本語を見ながら順番に英訳します。ステップ3は、講師がランダムにセンテンスを指定して英訳します。
 
 
各センテンスは読めば非常に簡単なレベルですが、いざ即座に答えようとするとスムーズに出てきません。英語の基礎の復習にもなり、ゲーム的な要素もあって面白い教材だなと感じました。
 
 
瞬間英作文のレッスンはものの10分ほどで終了してしまったので、残りはフリートークとなりました。教材を使ったレッスンとフリートークの両方を受けられるので、そういう意味でも瞬間英作文は良いかもしれません。
 
 
フリートークでは主にベオグラードのことを聞いたり、日本の都市について説明をしたりして終了となりました。
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ