【感想】レアジョブ英会話のレッスン㉒

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「レアジョブ英会話」のレッスン(第22回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
rarejob
 
 
hikoukai
※レッスン動画公開OKのスクールはコチラ
 
 
講師はshelley.V先生(フィリピン/女性)でした。
 
 
160225a
 
 
今回も僕の希望日時で予約可能な先生の中から、講師歴の浅い(1ヶ月!)shelley先生を選びました。教材は「会話教材(中級)」でを予約しました。
 
 

【レッスン内容(Destressing)】

160225b
 
[Exercise 1: Picture Conversation]
 
A.Read the dialogue below.
絵に描かれた男女の会話文を音読しました。
 
B.Quick Q&A
ストレスに関する5つの質問に回答しました。
 
 
[Exercise 2: Say It!]
 
A.Vocabulary
新しいボキャブラリー5つとその意味を確認しました。
 
B.Expressions
新しい表現3つとその意味を確認しました。
 
 
[Exercise 3: Role-Play]
 
新しいボキャブラリーと表現が含まれた、A・B二つの会話文のロールプレイを行いました。
 
 
[Exercise 4: Answer It!]
 
会話文の一部が空欄になっており、その解答を新しいボキャブラリー・表現から選択しました。
 
 
[Exercise 5:Conversation Starter]
 
4つのシナリオ(トピック)から好きなものを1つ選び、shelley先生とその内容について会話をしました。
 
 

レッスンの感想

 
shelley先生は初々しく親しみやすい先生でした。僕がちょっとした冗談を言ったことに対して、僕の期待通りの笑顔を見せてくれました。
 
 
レッスンの雰囲気を和やかにしようと冗談を言っても、全く冗談として取り合ってくれない先生もいるので、shelley先生のような先生とのレッスンは楽しいです。
 
 
そういう先生なので、朝起きてそのまま感が出ていても、ちょっとくらいあくびが出ても許せましたね。
 
 
あと、shelley先生の背景が窓で、天気の良い朝の空と綺麗な木々が見えていたのも気持ちが良かったです。後ろが薄暗い壁だったり生活感丸出しだったりすると、なんだか気分が萎えますからね。
 
 
今回のレッスンはストレスに関するテーマでした。
 
 
僕は幸いストレスをあまり感じにくい性格なのですが、妻が子育てに嫌気が指してストレスを抱えていると、それが僕のストレスになります。
 
 
今朝もそのようなことがあり、shelley先生にその状況を説明しました。寂しさもありますが、早く子供には育ってもらいたいです。
 
 
レッスンの中の新しい表現で”I’m at my wit’s end.”を学んだのですが、このフレーズは僕の敬愛するX Japanの「WEEK END」の歌詞に出てきます。今初めて”I’m at my wit’s end.”の意味が分かりました。はい、どうでもいい話ですね。
 
 
今回もレッスン前にザッと教材を予習してレッスンに臨んだため、教材レッスンは15分くらいで終了し、その後はフリートークとなりました。
 
 
それぞれの国に訪れる観光客の話になったのですが、shelley先生が日本人観光客はその国の文化をリスペクトしているけど、中国人観光客はとにかくマナーが悪いと怒っているのが印象的でした。
 
 
世界中で中国人が猛威を振るっているのですね…。ただ、経済的には非常にありがたい存在です。
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ