【感想】レアジョブ英会話のレッスン⑭

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「レアジョブ英会話」のレッスン(第14回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
rarejob
 
 
hikoukai
※レッスン動画公開OKのスクールはコチラ
 
 
講師はGracie.l先生(フィリピン/女性)でした。
 
 
160203a
 
 
プロフィールによるとGracie.l先生は、”I speak American English fluently as a first language.”ということだったので選択してみました。
 
 
レッスンは内容は「Conversation Questions」の「books」を希望して予約を行いました。
 
 

レッスンの感想

 
Gracie先生は話し好きのおばちゃんといった雰囲気で、プロフィール通り英語の能力も高く、とても親しみやすい先生でした。
 
 
最初にGracie先生から「今日は節分だね」と振られ、そのまま気が付くとフリートークで終了となるほどGracie先生は自然に会話の流れを作ってくれました。
 
 
今回のレッスンの主なトピックは「節分」と「バレンタイン」。
 
 
Gracie先生はおそらくある程度節分に関する知識があったと思いますが、興味を持って僕の説明を聞いてくれていました。
 
 
ちなみに節分に恵方巻を食べる習慣はいつから定着したんでしょうね。僕が子供のときはその習慣はなかったとGracie先生に伝えました。
 
 
バレンタインに関して、日本は諸外国と文化が違うようですね。Gracie先生によると、男女でプレゼントし合うのが一般的なようです。
 
 
Gracie先生は日本のバレンタインチョコには、4つの意味があるとこちらのサイトで調べて驚いていました。
 
 
160203b
 
 
僕が一つずつ意味を説明したのですが、ご褒美チョコに関してはよくセンテンスを読まずにお母さんが子供にあげるものと教えてしまいました…
 
 
なんか会話が噛み合ってない気がしたんですよね。
 
 
Gracie先生は完全に僕の好きなフリートーク向きの先生ですが、あまり多くレッスンを提供していないのが非常に残念なところです。
 
 
今後また空きがあればレッスンを受講したいと思います。
 
 
160203c
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ