【感想】スキマトークのレッスン⑭

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「スキマトーク」のレッスン(第14回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
skima
 

※特別に許可を得て、レッスン風景を撮影・公開しています。
 
 
講師はStewart L先生(アメリカ/男性)でした。
 
 
160127b
 
 
昨年来すっかりお気に入りのStewart先生。
 
 
とはいえ、ネイティブなのでレッスン単価が高く、さすがに毎日レッスンを受けるのはお財布的に厳しいので、今年は月に2回程レッスンを受講していく予定です。
 
 
スキマトークは、定期的にレッスンを受けるプランだけでなく、レッスン毎に都度払いできる点が素晴らしいです。
 
 

レッスンの感想

 
前回のStewart先生のレッスンから今日までの間に、他スクールで何名かの先生のレッスンを受けてきたので、Stewart先生の良さを再認識することができました。
 
 
なんというか、教材に沿ったレッスンと逸れるレッスンの割合が絶妙なんですよね。Stewart先生のレッスンは教材以外の話題でも色々と勉強になるんです!
 
 
さて、前回までのレッスンで「発音矯正」コースは全て終わったので、今回から「アクセント・訛り矯正コース」を受講し始めました。
 
 
160127c
 
 
今回は教材でアクセントの基本的なルールを確認し、Stewart先生に続いて発音するレッスンでした。
 
 
同じ綴りの英単語でも、名詞・動詞・形容詞などによって、アクセントの位置が変わることもあるのでややこしいですね。
 
 
例えば”increase”や”record”などです。ちなみに”record”は動詞の場合”Ree-Kord”となり発音も変わります。
 
 
余談ですが、マクドナルドはアメリカでは”Mik-Don-olds”と発音するそうです。
 
 
最後の音節の発音が僕の認識とは違っていました。こういうことも教えてくれるのがStewart先生の素晴らしさです。
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ