【感想】レアジョブ英会話のレッスン⑥

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「レアジョブ英会話」のレッスン(第6回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
rarejob
 
 
hikoukai
※レッスン動画公開OKのスクールはコチラ
 
 
講師はMizzy先生(フィリピン/女性)でした。
 
 
160114a
 
 
レアジョブの特徴はやはりフィリピン大学(卒)講師。というわけで希望の時間帯の中でMizzy先生を選択しました。レッスンはフリーカンバセーションで予約をしました。
 
 

レッスンの感想

 
Mizzy先生はもう選ぶことはないでしょう。まず遅刻。5分弱遅れて謝罪なし。hiccupがどうのこうのと何を言ってるか分からない。そしてビデオ通話なし。僕の場合、ビデオなしだと満足度が半減します。
 
 
そもそもレアジョブはビデオ通話必須じゃないんですね。よく見たらMizzy先生、ビデオマーク付いてませんでした。失敗した…。
 
 
そしてレアジョブ教材の説明。教材があることを分かっていてフリートークを選んでいるんだから、レッスン中に教材の説明はいらないんですよね。
 
 
なぜ「フリーカンバーセーション」というメニューがあるのに、それに備えたトピックなどを用意していないのでしょうか。
 
 
教材を使ったレッスンが嫌いだと伝えると、「Conversation Questions」が良いと言ってきました。
 
 
前回のAngie.W先生も「Conversation Questions」と言っていましたが、「Conversation Questions」ってなんやねん!?
 
 
と思ってレアジョブの教材のページを見ていたら、「Conversation Questions」ありました…。どういう内容か分かりませんが、次回はこのレッスンを受講してみようと思います。
 
 
ちなみにMizzy先生のレッスンは、遅刻分が延長されることなく20分ちょいで終了しました。
 
 
なんかレアジョブは講師の当たり外れが大きいなぁ…。なんかこなれてしまった講師が多いというか…。
 
 
次回からは外れを引かないように、ブックマーク数順で並び変えたり、ビデオマークを確認するようにしたいと思います。
 
 
160114c
 
 
ただ、僕自身も自分が望むレッスンを受けられるよう工夫をして予約をする必要がありますね。
 
 
160114d
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ