【感想】スキマトークのレッスン⑬

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「スキマトーク」のレッスン(第13回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
skima
 

※特別に許可を得て、レッスン風景を撮影・公開しています。
 
 
講師はStewart L先生(アメリカ/男性)でした。
 

151231a

 
 
今回もStewart先生のような発音を目指すべく、Stewart先生に狙いを定めて予約をしました。
 
 

レッスンの感想

 
今回のレッスン内容は発音矯正コースの第10回目、「レッスン 10: Sounds [ou] / [ɔ]」です。
 
 
151231b
 
 
【ou】【ɔ】の入った単語を、Stewart先生の後に発音する練習を行いました。
 
 
ときおり【ou】が弱かったのか、もう一度言ってと言われましたが、特に大きな指摘はありませんでした。
 
 
レッスンの中で、教材に出てくるいくつかの英単語で、アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いを教えてもらいました。
 
 
例えば”order”。アメリカは【ˈɔɚdɚ】、イギリスは【ˈɔːdə】。※発音記号はweblio英和和英より
 
 
イギリス発音がただ「オー」と伸ばすイメージなのに対し、アメリカ発音は「オー」に舌を巻く【r】の音が入ってきます。
 
 
“course”や”lord”についても同様です。
 
 
この【r】がアメリカ発音の大きな特徴の一つだと分かったので、今後はより【r】を強調し、アメリカ人らしい発音を身に付けたいと思います。
 
 
今回の教材もあまり分量が多くなかったため、雑談をする時間がありました。まず、昨日12月30日はStewart先生の誕生日だったようです。
 
 
バスケットボール選手のレブロン・ジェームズやプロゴルファーのタイガー・ウッズと同じ誕生日だと教えてくれました。
 
 
有名人と同じ誕生日だと会話のきっかけになりそうなので、僕も誰か海外の有名人と同じ誕生日でないか調べてみたいと思います。
 
 
誕生日なのでStewart先生に”Congratulation!”と言うと、誕生日に”Congratulation!”は使わない教えてくれました。シンプルに”Happy Birthday!”が正解です。
 
 
また、炭酸飲料やポテトチップスの話もしました。
 
 
「コーラに色んな味がある?」と聞かれ、コーラの味は基本的に一つだろうと質問の意図がよく分からなかったのですが、どうやら日本にはポテトチップスなど色んな”flavor”がある印象を持っているらしくこのような質問をしたようです。
 
 
確かに日本は他の国々に比べ、”flavor”のバリエーションが多そうですね。
 
 
今回のレッスンでSkimaTalkトークのポイントがなくなりましたが、来年も月に数回程度、Stewart先生のレッスンを受講しようと思います。
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ