【感想】スキマトークのレッスン⑫

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「スキマトーク」のレッスン(第12回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
skima
 

※特別に許可を得て、レッスン風景を撮影・公開しています。
 
 
講師はStewart L先生(アメリカ/男性)でした。
 
 
151229c
 
 
今回もStewart先生のような発音を目指すべく、Stewart先生に狙いを定めて予約をしました。
 
 

レッスンの感想

 
今回のレッスン内容は発音矯正コースの第9回目、「レッスン 9: Sounds [e] / [ə] / [i]」です。
 
 
151229d
 
 
【e】【ə】【i】の入った単語を、Stewart先生の後に発音する練習を行いました。
 
 
子音のトレーニングのときにあったTongue Twisterは、母音のトレーニングには含まれていないようです。
 
 
【ə】いわゆるschwaサウンドは、日本語にない音なので正しく発音できているか不安でしたが、特に指摘がなかったので問題はないと思われます。
 
 
今回の教材は分量が少なかったので、いつもより長めに雑談ができました。
 
 
冒頭には僕が娘たちを公園に連れて行った話をしたのですが、遊具の単語が分からず困ってしまいました(^^;)
 
 
junglegym = ジャングルジム
swing = ブランコ
slide = 滑り台
sand box = 砂場
 
 
基本的な遊具はしっかり覚えておきたいと思います。
 
 
日本の公園ではあまり見かけませんが、アメリカでは”Merry Go Round”が一般的だそうです。
 
 
151229e
 
 
ちなみにこのタイプの”Merry Go Round”を、バイクを使って加速させるちょっとおバカな動画についても教えてくれました。
 
 
151229f
 
 
実際に動画も見てみましたが、危険すぎて笑えません(^^;)
 
 
他には教材に出てきた”experiment”に関連して、”dissect”という単語を教えてくれました。
 
 
to cut up the body of a person or animal in order to study it
 
 
他にも携帯を”dissect”だったり、議論を”dissect”という使い方もあるようです。どれも”cut”するイメージですね。
 
 
また、”monument”に関連して、スカイツリーや東京タワーの話をしました。
 
 
スカイツリーの”observation deck”に行くには約30ドル、さらに上に行くには約20ドルと教えてしまいましたが、実際は約20ドル+約10ドルでした…
 
 
うろ覚えなのに適当なことを言っちゃあいけませんね。
 
 
レッスンの最後には、年明け直後のマニラの動画をシェアしてくれました。
 
 
151229g
 
 
あちらこちらから次々に花火が上がりとんでもない迫力です。「Fireworks over Metro Manila NYE 2014」で検索してみてください。
 
 
今日は一日2レッスン受講して多くの学びを得ました。次のレッスンは大晦日。今年最後のレッスンとなります。
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ