【感想】スキマトークのレッスン⑨

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「スキマトーク」のレッスン(第9回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
skima
 

※特別に許可を得て、レッスン風景を撮影・公開しています。
 
 
講師はStewart L先生(アメリカ/男性)でした。
 
 
151215a
 
 
今回もStewart先生のような発音を目指すべく、Stewart先生に狙いを定めて予約をしました。
 
 

レッスンの感想

 
今回のレッスン内容は発音矯正コースの第6回目、「レッスン 6: Sounds W / Y / H」です。
 
 
151215b
 
 
【W】【Y】【H】の入った単語やTongue TwisterをStewart先生の後に発音する練習を行いました。
 
 
どの音も特に苦手意識はなかったのですが、僕の【W】の音はどうやら微妙にネイティブとは違っていたようです。
 
 
僕は正直ただ口を「ウ」の形にし、唇を付き出して【W】の音を出していたのですが、そうではなく「ワ」のように発音しないとネイティブのように聞こえないようです。
 
 
※文字にするとニュアンスが異なるので詳細は動画をご確認ください。
 
 
また、【W】【Y】【H】とは関係ありませんが、”Half”や”Health”などの単語中に出てくる【l】はsilentになることがあると教えてくれました。
 
 
レッスンの合間にはいつものように雑談を交えてくれたのですが、その中でStewart先生のお父さんがパイロットだと知りました。
 
 
お父さんがパイロットなんてなんか羨ましいです( ・∇・)ただ、空港は音がうるさいので耳が聞こえにくくなっているそうです。
 
 
他にはヤンキースの話がありました。
 
 
ヤンキースには田中将大がいると言ったのですが、Stewart先生は残念ながら田中を知りませんでした。
 
 
それよりもなんでイチローは”Suzuki”ではなく”Ichiro”なんだというので、日本でも普通の選手は苗字登録だけど、イチローはレアなパターンで名前登録をしていたと説明したのですが、なんかうまく伝わっていなかった気もします…
 
 
とはいえ、今回も楽しくためになるレッスンでした^^
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ