オンライン英会話の効果

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日はオンライン英会話の効果について、僕なりの意見を書きたいと思います。僕はオンライン英会話の効果は大きく3つあると考えています。
 

【効果①:外国人に慣れる】

160131c
 
 
外国人と話すのって緊張しますよね?英語力があろうとなかろうとそれは同じだと思います。どんなに机上で英語力を身に付けても、緊張していてそれを発揮できなければ意味がありません。
 
 
オンライン上と実際に会うのとではまた違いますが、それでもオンライン上で外国人に慣れておけば、来るべき本番の場面でも自信と余裕を持って外国人と会話をすることができるでしょう。
 
 
また、多くの外国人と話しておくことで、どんなネタが会話の突破口になりやすいかが見えてきます。
 
 
いざ外国人に会いました。さぁ何を話す?外国人と話すことに慣れていないと、英語以外のところに意識が持っていかれてしまいます。
 
 
もちろんその場面にもよると思いますが、引き出しとして話しやすいネタを知っていれば、落ち着いて会話をスタートすることができるでしょう。
 
 
個人的には天気・旅行体験・スポーツ関連のネタが、会話の突破口になりやすいと感じています。やはり共通認識のあるものが話しやすいですね。
 

【効果②:モチベーション】

160131a
 
 
オンライン上でも、実際に外国人と話すことで、相手のこと、相手の国のこと、そして日本のことにどんどん興味が湧いてきます。
 
 
そして、お互いのことをもっと知り合うために、英語が重要なツールなんだという認識がより高まります。
 
 
中学・高校で英語を勉強している時、それは受験のための英語でしかなく、それが外国人との重要なコミュニケーションツールだという感覚はこれっぽちもありませんでした。
 
 
きっとみなさんもそうでしょう。
 
 
社会人になった後でも、日本人が英語を勉強しようとすると、どうしても学生時代のような学習スタイルになりがちです。
 
 
それが少しでも外国人と話す経験をすると、英語学習の目的が明確になり、学習の質も変わります。
 
 
日常の場面でもビジネスの場面でも、全てはお互いをよりよく分かりあうため。
 
 
定期的に外国人と会話をすることで、こうしたモチベーションが維持されやすいと考えます。
 

【効果③:弱点のあぶり出し】

160131b
 
 
実際に外国人と話してみることで、自分に足りない能力を知ることができます。
 
 
おそらく、見れば分かる単語・表現・文法も、自分の口からは全く出てこないことに気が付くはずです。
 
 
僕たちは英語を”知っている”レベルであって”使える”レベルではないんですね。
 
 
また、僕たちが”知っている”と感じている英語も、実際は英語を”読む”際に必要な英語であって、会話に必要な英語は知ってさえいないことに気付くでしょう。
 
 
ネイティブが頻繁に使用している単語や表現でも、単語帳や教科書で見たこともないということがザラにあります。
 
 
足りないことを知っているのと知っていないのとでは、日頃の英語学習の質に大きな違いが生まれると考えます。
 
 

オンライン英会話は効果がない!?

 
「オンライン英会話は効果がない」という意見を目にすることがあります。もちろんそんなはずはなく、その効果はこれまで紹介してきた通りです。
 
 
ただ、オンライン英会話だけやっていれば良いかという言うとそれは違います。
 
 
オンライン英会話は練習試合のようなものであり、試合でしか得られないものももちろんありますが、試合の成果は日頃の練習に掛かっています。
 
 
野球でバッティング・守備・走塁・バントなどの練習をするように、英語でもリーディング、ライティング、リスニング、実際に英語を声に出してみるなどの練習が不可欠です。
 
 
【練習⇔練習試合】このサイクルが、モチベーションを維持しつつ英語学習の質を高め、【試合】で結果を残す効果的な方法だと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ