【感想】ハローイングリッシュの無料体験レッスン①

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「ハローイングリッシュ」の無料体験レッスン(第1回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
hello
 
 
hikoukai
※Natasha先生のレッスン動画はコチラ
 
 
講師はNatasha先生(アメリカ/女性)でした。
 
 
Natasha
 
 
プロフィールに日本に住んだことがあると記載があったため、今回はNatasha先生を選ぶことにしました。
 
 
150717b
 
 

無料体験レッスンの感想

 
Natasha先生は、日本をよく知る話しやすい先生でした。
 
 
大学生の時には京都の同志社大学に留学、卒業後は広島で英語を教えていた経験があるそうです。
 
 
やはり日本のこと、日本人のことをよく知る先生だと、こちらもなんだか安心してレッスンを受けることができます。
 
 
レッスンはまずお互いの自己紹介から始めました。
 
 
僕は主に家族や仕事のことについて話し、Natasha先生は日本での経験や趣味について話してくれました。
 
 
その後は、Hello Englishのレッスンの進め方について説明してくれました。
 
 
わりと早いスピードでけっこう長めに話したために、Natasha先生の言っていることを100%は理解できませんでしたが、どうやらHello Englishは受動的にレッスンを受けるのではなく、自分から何かテーマを設定してレッスンを受けていくスタイルのようです。
 
 
例えば自分である特定のニュースをテーマに定め、それをレッスン予約時にコメント欄で講師に伝え、レッスン中に意見を交換するような形です。
 
 
これは中・上級者の方にとっては良いかもしれませんが、初級者にとっては厳しいですね。
 
 
Natasha先生から次回の希望を聞かれ「発音」と答えたところから、アメリカと日本の方言に関する話しもしました。
 
 
アメリカでは北部と南部で発音やアクセントが異なり、この州はあーでこーで、こっちのこの州はあーでこーでと、具体的な州の名前を挙げて違いを説明してくれました。
 
 
ただ、州の名前は知っていても地理的なところが分からないため、今ひとつピンときませんでしたが…(^^;)
 
 
ちなみに、南部のある地域では「炭酸」をなぜか「コーラ」と総称するらしいです。おもしろいですね( ・∇・)
 
 
Natasha先生は日本にも方言があることを理解しており、広島にいる彼氏のお父さん(漁師)の日本語は非常に分かりづらかったようです。
 
 
また、東北弁も方言がキツイらしいねと言うので、英語より聞き取るのが難しいと伝えておきました。笑
 
 
僕の祖父は宮城県の方なのですが、実際電話で話すとサッパリ何言ってるか分かりません。なのでジョーク半分、事実半分といった感じです。あくまでお年寄りに限った話ですけどね。
 
 
というわけでNatasha先生と次回のレッスンについて少し話してしまいましたが、次回はまた別の先生でレッスンを受けたいと思います。
 
 
※通常Hello Englishの無料体験レッスンは1回のみ
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ