【感想】ベストティーチャーのWritingレッスン

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「ベストティーチャー」のWritingレッスン(無料体験)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
bestteacher
 

 
 
Best Teacherは他のスクールと異なり、まずWritingにて英会話をやりとりした後にSkypeレッスンを受講します。Writingは、下記のように講師の質問文から始まり、最大5往復のやりとりを行います。
 
 
141114f
141114g
141114h
 
 
講師からの返信はおよそ30分~6時間程度で届くとされています。
 
 
ちなみに僕の場合、1回目の返信が2時間程度、2回目の返信が30分程度、3回目の返信が30分程度、4回目の返信が6時間30分程度でした。
 
 
返信をくれた講師は、1回目の返信がYevthusenkoyevgeny先生(フィリピン)、2回目の返信もYevthusenkoyevgeny先生(フィリピン)、3回目の返信もYevthusenkoyevgeny先生(フィリピン)、4回目の返信がMaureen先生(フィリピン)でした。
 
 
先生からの返信が来てすぐにこちらも返信していれば、おそらくずっと同じ先生が返信してくれると思いますが、僕の場合3回目と4回目の間に数日空いてしまったので、4回目だけ違う先生だったのだと思います。
 
 
141114i
 
 
141114j
 
 
Writingレッスンが終了すると、会員サイト上におよそ3~5日以内でWritingの添削と英会話の音声データが届きます。
 
 
141114k
 
 
僕の場合は、約2日間でデータが届きました。Writingレッスンの添削と音声の録音は、下記講師が担当してくれています。
 
 
141114l
141114m
 
 
カナダ、アメリカ出身ということはネイティブということですね。
 
 
ネイティブの添削を受けられ、ネイティブの音声データが手に入り、自分専用のオリジナル教材が出来上がる。そして、その教材を元にSkypeレッスンを行う。
 
 
なかなか素晴らしい仕組みではないでしょうか。
 
 
いきなりSkypeレッスンを行っても、そもそも日本語でさえどう答えるべきか迷うこともありますし、それを英語で答えようとして単語や表現が出てこないということがよくあります。
 
 
あらかじめWritingレッスンがあれば、まず質問に対する自分自身の答えをゆっくり整理し、それを英語で答える際の単語や表現も調べておくことができます。
 
 
事前に調べたからといって正しい英語を使えているとは限りませんが、その点もネイティブによる添削によりカバーされています。
 
 
Best Teacherでは、事前に500シーン/トピックが用意されており、それぞれWritingレッスンとSkypeレッスンを受けることができます。
 
 
自分自身に関する様々な事柄を一度英文にして準備しておけば、Skypeレッスンや実際の英会話の場面においても、よりスムーズに会話を進めていくことができるのではないかと思います。
 
 
さて、次回は今回のWritingレッスンを元にしたSkypeレッスンです。どんなレッスンか非常に楽しみです。
 
 
141114n
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ