【感想】ネイティブキャンプの無料体験レッスン⑪

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「ネイティブキャンプ」の無料体験レッスン(第11回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
camp
 
 
hikoukai
第22回目第23回目はレッスン動画あり
 
 
講師はCasey先生(フィリピン/女性)でした。
 
 
Casey
 
 
Casey先生は相変わらず常にレッスン中で、10分程NativeCampの画面を見つめCasey先生がレッスン可能になるのを待ち、ようやくCasey先生のレッスンを受けることができました。
 
 
なんだか熱心なファンみたいで嫌だなぁ。いや、もはや熱心なファンか(^^;)
 
 
レッスンはフリートークを希望しました。
 
 
150501a
 
 

無料体験レッスンの感想

 
今日はCasey先生に、僕がどこで結婚式をしたか聞かれたところから、日本の結婚式や世襲の話になりました。
 
 
ちなみに僕はいわゆるキリスト教系の大学出身で、妻とはその大学で知り合ったこともあり、結婚式は大学のチャペルで行いました。
 
 
キリスト教でもないのにチャペルで結婚式をしたなんて、キリスト教のフィリピン人に伝えるのはなんか恥ずかしかったです…
 
 
Casey先生は日本の様々な結婚式スタイルを知っており、それは日本人が特定の宗教を持たないからと説明しておきました。
 
 
また、日本のご祝儀システムについても頑張って説明してみました。みんなからそれぞれご祝儀をもらって、それを結婚式場に払うと。
 
 
結婚式に呼ばれるのはとても幸せだし嬉しいことだけど、式に参加するにはご祝儀が必須であり、家計が逼迫するという複雑な心境も説明しました。
 
 
フィリピンの場合は、ご祝儀(お金)ではなく”appliance”を渡すのが一般的だそうです。
 
 
ただ、applianceだと物が被ってしまうので、日本のようにお金を渡すのがベストねと仰っていました。
 
 
結婚式の話から派生して、親と長男の同居の話もしました。
 
 
日本では基本的に長男が後を継ぎ、最終的には親の面倒もみる代わりに家を建て替えるなどするまでは家賃を払わなくてよい、次男は後を継がなければならない義務はなく自由だけど、家賃などは自分たちで払わなくてはいけないと説明しました。
 
 
フィリピンでは兄弟(姉妹)と”divide”だそうです。ちなみにCasey先生は8人兄弟(姉妹)だそうです。
 
 
さて、レッスン後にはCasey先生からメッセージが届きました。
 
 
150519a
 
 
結婚式や世襲など日本独自の文化は外国人との会話のネタになりますし、こういうネタ(引き出し)をたくさん持っているとコミュニケーションもスムーズに進むだろうなと感じました。
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ