【小池真由美】小池塾について思うこと

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
今回はオンライン英会話とは直接関係ありませんが、英会話学習者としてはその存在が気になる「小池塾」について書いていきたいと思います。
 
 
koike
 
 
小池塾は2012年に第1期が開校した、小池真由美先生によるオンライン英会話塾です。今回はその第6期開講に向けて、無料動画(レッスン)が公開されました。
 
 
知らない方のためにお伝えしておくと、この後、無料動画(レッスン)が2回、3回と続き、最後にオンライン英会話塾の募集が始まります。
 
 
過去の小池塾の料金を調べてみると大体20万円前後ですので、小池塾第6期もそれに近い金額になるでしょう。
 
 
この金額が高いか安いかは、人それぞれで受け止め方が異なると思いますが、小池塾は週に1度、塾長・副塾長によるレッスンやリーダーと呼ばれる方のサポートがあるようなので、僕自身は、決して高過ぎる金額ではないなと思います。
 
 
小池塾に関して、僕はこれまでその存在は知っていましたが、当時は英語に興味がなかったので、動画を観たことがありませんでした。
 
 
今回初めて動画を観たので、その内容をここでまとめていきたいと思います。
 
 

1回目動画

 
●結果がでる秘密1
「話す」ということに徹底的に集中したメソッド
 
 
●結果がでる秘密2
通訳学校でした教えていない魔法の方法
 
 
●結果がでる秘密3
800名以上の経験から生み出された「日本初の新しいメソッド」
 
 
■通訳学校の方法
成績がそんなによくない私でもできた方法はあなたも数ヶ月でマスター出来ます。
 
 
■通訳学校の方法2
話せるようになるというプロセスを踏んだメソッド
 
 
◆共通してできなかった理由
英語をきちんとした発音で話せる先生がいなかった。
 
 
◆大人になってできなかった理由
聞くだけで話せるといった神話を信じてしまった。
 
 
◆通ってできなかった理由
長くて続かない授業の費用が実は高くてもったいない!
 
 
◆オンラインスカイプの失敗の理由
ある程度話せる人はメリットがあります。あまりできない人は沈黙が続いてしまったり思うように話せないことが多い。
 
 
◆海外留学の失敗の理由
圧倒されている内に話せなかったり、日本人同士で固まってしまって終わってしまう。
 
 
◆DVD教材などの失敗例
相手が本当に分かってくれているのか分からない。英会話には共感という感情が一番大事なことです。
 
 
▼Lesson1
「話す」ために「書く、読む」など今までの受けてきた教育を一旦忘れてください。
 
 
▼リスニング力を上げる方法
聞くだけではなく発音できることが実は重要です。
 
 
○小池式メソッド
・双方向のコミュニケーションにフォーカスしている。
・2~3ヶ月で英語を話せるようになります。
・通訳学校でしか教えていない「シャドーイング」を使いこなせば爆発的に英会話力が身に付きます。
 
 
小池塾は正しい発音で「話す」ということを主眼としたこれまでの英語教育とは全く違う、理に適った学習法だと思います。
 
 
ただし、塾の運営も商売(ビジネス)ですから、少し誇張した表現が使われてしまっていることを忘れていけません。
 
 
小池塾では「1日10分で」とか「たった2~3ヶ月で」とか、英語学習者の関心を強く惹きつける言葉が使われています。
 
 
これまで一生懸命英語を学習してきた人ならより強く共感をいただけると思いますが、「1日10分で」「たった2~3ヶ月で」英語はペラペラになりません。
 
 
あくまで小池塾は、英語がペラペラになるきっかけに過ぎないでしょう。
 
 
それを動画やWEBサイトを通じて、2~3ヶ月後にはペラペラになるように錯覚させている点は、塾自体がまっとうなだけに少し残念です。
 
 
無料動画(レッスン)で注意を惹いて最後に塾を告知するプロダクトローンチという販売手法を使っている点や、他のスクール・教材・海外留学を一つ一つ潰している点も塾の商売色を強く感じます。
 
 
かといって、小池塾を否定しているわけではありません。
 
 
小池塾に興味がありいずれ入塾したいという人は、入塾したら簡単に英語がペラペラになるという幻想を捨てた上で、小池塾のカリキュラムに取り組まれると良いと思います。
 
 

2回目動画

 
今回は主にシャドーイングの話でした。
 
 
●シャドーイングのメリット
・私達に足りていないリスニングとスピーキングを埋めていくことができる
・音のリズムを身につけることでネイティブスピーカーらしいリズムを身につけられる
・会話の中から必要な情報をきっちり押さえられる
・英語脳のリズムが勝手にできあがってくる
・会話力に必要なリスニングとスピーキングを同時に学ぶことができる
・シャドーイングでリーディング(読む力)も劇的にアップする
 
 
●シャドーイングのコツ
・意味を考えない
・大きな声を出しすぎない
・ゆっくり過ぎる音声ファイルを使わない
・聞くことに80%集中する(話すは20%で良い)
・発声は小さい声で良い
 
 
今回のレッスンを通じて、シャドーイングがいかに僕たち大人に足りていなかったリスニング力とスピーキング力を補ってくれるかよく分かりました。
 
 
話そう(声に出そう)としてリスニングするのと、ただ聞き流すようにリスニングするのとでは、脳の音に対する集中力が全く違いますね。
 
 
そして、実際に声に出してみることで、いかに自分の口が回らないか、正しい発音を身につけていないのかが、とても良く分かりました。
 
 
また、小池式メソッドでは、シャドーイングでどんどん話す子供の学び方だけでなく、大人の学び方も併用して英会話を上達に導きます。
 
 
●大人のやり方
・構造(文法)と発音を学ぶ
・中学校1~2年生のシンプルな文法をしっかりすることで爆発的に英会話力が伸びる
・発音を「理解する」ことでさらに英会話力が向上する
・「説明」という大人の学習をすることで英会話力が飛躍的にアップする
 
 
次回は800名以上の経験から生み出された「日本初の新しいメソッド」の公開となりますので、こちらもまたレポートしていきたいと思います。
 
 

3回目動画

 
今回は主にリテンションの話でした。
 
 
●リテンションとはなにか?
保持力
 
 
●リテンションのメリット
会話が予測できるようになる
 
 
●リテンション能力を上げるという方法
理解をしているということが大切
 
 
●効果的に伸ばすためには3つのポイント
①毎日練習をする上で必ずフィードバックをもらえること
②鏡になるネイティブスピーカーと必ず話を定期的に行うこと
③ネイティブスピーカーのフィードバックをしっかり伝えることの出来る日本人講師
 
 
●リテンションについて
・リテンションの力をつけることで英会話力が飛躍的に伸びる
・意味がないものはリテンション(保持)しにくい
・リテンションというメソッドを英会話学校でシステム化して使っているところは一つもない
・ステップを踏めば誰でも1ヶ月程度でリテンション力が上がる
・ステップを踏めば誰でも1ヶ月程度で上級のリテンション力に到達
・リテンション能力があるからこそ保持でき予測できる
・リテンション能力を上げることであなたは話せるようになる
 
 
今までリテンションについて意識したことはありませんでしたが、確かにTOEICなどのリスニング問題で、その瞬間は意味が分かっていても、いざ問題を解くときに内容が頭から抜けていることが多々ありました。
 
 
きっと英語だと日本語と違って、意味を理解するのに精一杯で、日本語のようにダイレクトに頭の中でそのイメージを浮かべることができていないのでしょう。
 
 
今回リテンションという概念を始めて知ったのですが、英会話をする上で非常に重要な要素の一つだと感じました。
 
 
「効果的に伸ばすための3つのポイント」は小池塾に入ってもらおうとするビジネスライクな内容になっていますが、それはさておき、今後はリテンションについても意識しながら英会話を学習・実践していきたいと思います。
 
 

3回目動画

 
今回の動画は、小池塾第6期の説明動画でした。
 
 
・どういうステップで3ヶ月で英会話を上達させていくのか?
・日々どういうエクササイズを行うのか?
・どんなレッスンがあるのか?
・どんなサービスがあるのか?
・どんな講師がいるのか?
・どんな英語教材を使用するのか?
・どれくらいの価格で受講できるのか?
 
 
中でも気になるのがやはり価格ですね。以前の記事にも書きましたが、恐らく20万円程でしょう。
 
 
日々のサポートや個別カリキュラム等を考慮すると、20万円は決して高すぎる金額ではないように思います。
 
 
ただ、やはり「毎日10分で」「3ヶ月で」確実に英語を話せるようなるという表現は、少し違和感を感じざるを得ません。
 
 
もちろん今時点よりも、3ヶ月後の方が確実に英語力が上がっているはずですが、初級者がペラペラになったり、映画を字幕なしで観たり、3ヶ月でそんなことができるようになるはずもありません。
 
 
これまでの動画を通して、内容が素晴らしい塾だと感じただけに、この誇大表現だけは少しもったいないですね。
 
 
小池塾第6期の募集定員ですが、今のところまだ公表されていません。
 
 
ただ、これまで5期まで塾を開講して800名ということは、大体160名くらいということになるでしょうか。
 
 
定員を大幅に増やして、価格を大幅に下げてくれると嬉しいですが、恐らくそんなことはないでしょうね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ