【感想】バーチャル英会話教室グループレッスンの無料体験レッスン⑤

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「バーチャル英会話教室グループレッスン」の無料体験レッスン(第5回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。
 
 
veg
 
 
hikoukai
※レッスン動画公開OKのスクールはコチラ
 
 
講師はMatt先生(カナダ/男性)でした。
 
 
今回もネイティブ講師のレッスン(初級)を受講しました。朝6時半からのレッスンで、受講者は僕を含めて3名でした。
 
 
150407e
 
 

無料体験レッスンの内容

 
レッスンは画面上に表示されるスライドに沿って進んでいきます。今回は「Eating Out」という外食がテーマでした。
 
 
[スライド①]
Matt先生から「Eating Out」に関する簡単な説明がありました。
 
 
[スライド②:Picture Description]
スキー場の休憩場所で何かを食べている家族の写真とレストランの厨房で料理を用意している写真が写し出され”What are they doing?”という質問に3名中2名が回答しました。
 
 
[スライド③:Words]
「Eating Out」に関連する英単語を5つ確認しました。(settle,mention,decent,actually,craving)
 
 
[スライド④:Phrases]
今回のテーマで使いそうな6つのフレーズを確認しました。
 
 
[スライド⑤:Skit]
「Eating Out」に関する簡単な会話文が表示され、2名ずつがそれぞれの役となりロールプレイをしました。
 
 
[スライド⑥:Definition Matching]
スライド③の5つの英単語とその意味がランダムに表示されており、どの英単語がどの意味と結びつくか3名で順番に回答しました。
 
 
[スライド⑦:Sentence Building]
一部が空欄になっている6つのSentenceが表示され、3名が2問ずつ自分なりのSentenceをBuildingをしました。
 
 
[スライド⑧:Roleplay]
AさんがBさんを食事に誘うというRoleplayです。あらかじめFood Typesや質問に対する回答の例が表示されており、それをもとに2名ずつ順番にAさんとBさんを演じました。
 
 
[スライド⑩:Discussion]
4つのDiscussionのネタ(質問文)が表示され、そのうちの2問に対して3名がそれぞれの回答をしました。
 
 

無料体験レッスンの感想

 
Matt先生は一見クールですが、実は優しいギャップのある先生でした。
 
 
受講生のロールプレイや回答をしっかり聞いており、三単現の「s」だったり複数形の「s」の抜けなどを、チャットボックスも使いしっかり指摘してくれました。
 
 
また、例えば”cheap”は金額的に安いという意味だけでなく、質も悪いという意味も含んでいるため”reasonable”の方が良いなど、よりその場に適した表現を教えてくれました。
 
 
ネイティブ講師はあまり細かいことを指導しない印象があったのですが、Matt先生は日本人講師のように文法にも気を配ってくれる先生もいるんですね。
 
 
レッスン後は、会員サイト上でMatt先生からのフィードバックが届きました。
 
 
150402b
 
 
次回はバーチャル英会話教室の最後の無料体験レッスンとなるので、まだ受けていないビジネス英会話にトライしてみたいと思います!
 
 
button_001

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ