【感想】e英会話の体験レッスン①

 
こんにちは。カズタカです。
 
 
本日は「e英会話」の体験レッスン(第1回目)を受講しましたので、その内容や感想についてレポートしてまいりたいと思います。ちなみにe英会話の体験レッスンは、無料ではなく980円です。
 
 
eeikaiwa
 
 
hikoukai
第2回目はレッスン動画があります。
 
 
e英会話では、初回のレッスンを受ける前に「初回レッスンガイダンス」を予約することができ、僕もレッスンを受ける前にガイダンスを受けました。
 
 
150213a
 
 
初回レッスンガイダンスでは、Skypeやe英会話独自のe-roomの使い方、予約方法やレッスンコースの説明がありました。
 
 
e英会話のレッスンでは、Skypeとe-roomを併用するのですが、説明を聞かなければ使い方が分からなかったと思います。
 
 
初回レッスンガイダンスの予約は任意ですが、初めて受講される際はガイダンスを受けられることをおすすめします。
 
 

体験レッスンの感想

 
講師はLouis先生(フィリピン/女性)でした。
 
 
150213e
 
 
e英会話の初回のレッスンはレベルチェックという位置付けで、内容は簡単なあいさつの後、カランメソッドを体験するというものでした。
 
 
カランメソッドではe-roomを使用するため、画面上に綺麗に映し出される絵を見ながらレッスンが進んでいきます。
 
 
150213b
 
 
これまで何度かカランメソッドを受講してきて分かったのですが、カランメソッドのレッスン提供スタイルは2種類あります。
 
 
1つはe英会話やAys Englishのように独自のシステムを使うスタイル、もう1つはQQ English、イーフレンド、イングリッシュベルのように講師が実際の紙(絵)やペンなどを使ってレッスンを提供するスタイル。
 
 
個人的には後者の方が、講師と対面しながらのレッスンとなるのでより講師の様子や人間性が伝わり、コミュニケーションを取っている実感が得やすいです。
 
 
システムを利用する場合は、講師の画像も小さくなってしまいますし少し味気なさを感じてしまいます。
 
 
どちらが良いかは人それぞれですが、同じカランメソッドのレッスンでもこのような違いをスクール選びの基準の一つにしても良いかもしれません。
 
 
今回のカランメソッドの内容はカランメソッドの最初の単元で、これまで受けてきたレッスンと同様のシンプルなものでした。
 
 
カランメソッドには少しずつ慣れてきたものの、やはりフルセンテンスで答えようとして頭が混乱することがあり、特に今日は眠気や疲れもあってかうまく答えられないことに苛立ってしまい、それが態度に出たのではないかと反省しています。
 
 
Louis先生、ごめんなさい(^^;)
 
 
レッスン後にはメールにてレベルチェックの結果が送られてきました。
 
 
150213c
 
 
項目が細かく参考になりますね^^
 
 
さて次回は、e英会話で唯一のネイティブであるアイルランド人のFergalで予約しました。
 
 
150213d
 
 
どんなレッスンか今から楽しみです。
 
 
button_002

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

現在のレッスン受講数

200レッスン

(59社)

カズタカレッスン風景(動画)

カズタカ注目スクール

【ネイティブキャンプ】
now

レッスン受け放題!予約・Skype不要の革新的スクール。

長女が利用中

【エイゴックス】

このページの先頭へ