【スラムダンク】#21 その感覚


 

あらすじ

朝、公園のバスケットボールコートで「庶民シュート」を練習する花道。そこへランニング中の晴子が通りかかる。晴子は中学時代レイアップシュートが得意だったと花道に手本を見せる。一本目は転んでしまうが二本目は成功。続いて花道のレイアップ。花道は流川のレイアップを思い出し高く飛ぶことを意識してみる。すると、シュートは外れたがフォームは良い感じに。花道の様子を見た晴子は、中学時代に兄の赤木から教わった「ボールはリングに置いてくる」をアドバイス。晴子の助言を聞き入れた花道は、見事レイアップシュートを成功させるのであった。
 

晴子との秘密特訓を勝手に喜ぶ花道のセリフ

 
I feel so fulfilled…!!
 
 
「幸せの予感…!!」
 
 
fulfilled = happy and satisfied because your life is interesting and you are doing useful or important things

※『Longman English Dictionary Online』より引用

流川のレイアップシュートを思い出す花道のセリフ

 
Rukawa seems to be at ease when he jumps…
 
 
「ルカワはもっとフワッと跳んでたよーな…」
 
 
at ease = feeling relaxed, especially in a situation in which people might feel a little nervous

※『Longman English Dictionary Online』より引用

高く跳ぶことのできる花道をうらやむ晴子のセリフ

 
I am kind of jealous…
 
 
「ちょっとくやしいな…」
 
 
kind of = slightly but not exactly, or in some ways
jealous = feeling unhappy because someone has something that you wish you had

※『Longman English Dictionary Online』より引用

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ