【スラムダンク】#20 庶民のシュート


 

あらすじ

レイアップシュートを「庶民のシュート」とバカにしていた花道であったが、いざやってみると一向に入らない。一方、赤木の指示で手本となった流川は、華麗にレイアップシュートを決め晴子ら女子生徒たちを魅了する。気に入らない花道は、再度手本を示した流川にボールをぶつける。流川も負けじと反撃。ちゃんと流川の手本を真似るよう赤木・小暮に言われ、花道は流川に謝罪し手本を頼む。だが、懲りない花道は再度流川にボールをぶつけて妨害し、結局シュート練習をさせてもらえなくなるのであった。
 

花道のセンスのなさをバカにする花道軍団のセリフ

 
You can’t make even one shot.
 
 
「ダメだな花道 全然入んねーじゃねーか!!」
 
 
make = to succeed in achieving a particular position, rate etc

※『Longman English Dictionary Online』より引用

花道軍団のヤジに苛立つ花道のセリフ

 
Shut up!! Don’t disturb me!!
 
 
「うるさい気が散る!!」
 
 
disturb = to interrupt someone so that they cannot continue what they are doing

※『Longman English Dictionary Online』より引用

花道を注意する赤木のセリフ

 
This is what happens when you look down on Basketball.
 
 
「バスケットをなめるとそーゆー目にあうんだ」
 
 
look down on something/somebody = to think that you are better than someone else, for example because you are more successful, or of a higher social class than they are

※『Longman English Dictionary Online』より引用

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ